営業の行動指針


▼ 営業の行動指針

1.大自然生活館の営業は商品を売るのでなく、ハーブの特長やその売り方の情報を提供する仕事。

2
.注文取りの営業は決してしない。お客様の販売促進をお手伝いするコンサルテイング営業
    ディスプレイの仕方
    POPやプライスカードの書き方、演出の仕方
    什器備品の相談に応じる

3.お客様が抱えている問題を同じ目線で共有でき一緒になって解決するカウンセリング営業
    売り上げが落ち込んでいるのでどうしたらいいか?
  ハーブテイーを美味しく飲むにはどうしたらいいか?
  ハーブやアロマで効果的なリラクゼーション効果を得るには?

4.POPやプライスカードのサービス

5.売り場のチェックとその感想のフィードバック売り場の演出の手助け

6.ハーブ検定、アロマ検定を修得しハーブとアロマの学術的なアドバイスができる
 ように研鑽を積みお客様満足度を高める

7.大自然生活館のマーケットは
   ● 直販  ハーブ専門店 ・雑貨店・ドラッグストア・ リゾ-ト地売店 ・ 
       テーマパーク売店・
銭湯・サウナ ・ ホテル ・ 旅館 ・Eショーップ   
   ● 卸問屋
   ● OEM
   ● PB
8.販売チャネルに応じた提案型の商品開発ができる
  例)サウナ~アロマオイルのバルク供給とファミリーサイズ商品の並行販売
    ホテル~TEA&スープ&味噌汁のセット販売

9.エンドユザーに広く認知していただけるように販売店と協力してお客様メモを充実する
10・営業活動で発生する顧客情報・顧客メモ・営業依頼書・顧客台帳等のデータ作成は
 携帯PCをフル活用する。お客様との商談中に生ずるデータ(商品・バーコード・生産
 設備・工場設備等)は携帯PCからHP(
herb-t.net)を立ち上げビジュアル画面を通し
 てその場でお客様の要望に応え解決する。

11・お客様に必要なデータ(POP・プライスカード・バーコード・成分分析結果等)や
 書類(口座開設書・注文書等)はHPの卸・PB ・OEMにアクセスし情報を入手し
 てもらう。必要であればコピーを取って頂く。それで対応できない場合は営業依頼書で
 必要事項を請求する。

12・お客様との商談中に派生する用件は営業依頼書を用いて本社スタッフを有効活用して
 お客様の要望に対処していく。(全社員営業)